保育士の仕事って誰でもできる?

 

f:id:chihiro-sasaki:20171015165028p:plain

 

 

こんにちは、ササキです。

 

堀江貴文さんが保育士の賃金が低い理由として、「誰でもできるからです。」とツイートしていたので、「保育士なめてんのか」と思ったのですが

 

後々のツイートを見ると

 

「誰でも(やろうとしたら大抵の人は)出来る(大変かもしれない)仕事だから希少性が低く(コンビニバイトなどと同様に)給料が上がらない構造になっている、がより丁寧な言い方だね」

 

とのことだったので、納得しました。

簡潔にまとめればまとめるほどインターネット上の言葉は誤解を生みますね。

 

クソリプ」という名の批判をしている人たちは「誰でもできるからです」という言葉から、堀江さんが「保育士なんて誰でもできる職だから賃金が低いんだよ」と考えていると捉えたのでしょう。

 

しかし、本来堀江さんが言いたかったことは「誰でもできる職業だから賃金が上がらない構造になっている」ということで、この客観的な物言いだとあんなに「クソリプ」も来なかったのでは?と思いました。

 

このツイートに対してカリスマ保育士てぃ先生

 

「私は保育士をしていますがその通りだと思います。資格を持たずとも子育てはできる。一方で、国家資格をとり子どもにあたる保育士がいる。この両者の違いであるはずの『専門性』がオープンでないし、当然世間も認知していない。『子どもと遊ぶだけ』の印象を変える努力が必要。」

 

と保育士の専門性がオープンでないこと・認知されていないことに対してかなり問題意識があるようです。私もこれには同意です。

 

保育士という職業は数的な成果・評価を下すことが難しい職業です。(保護者の園に対するレビューなどはできると思いますが)

 

塾だったら「今年は○名難関私立小学校に合格しました」と数的な結果を公表できるため「塾/塾講師の専門性」が認知されやすいと思うのですが、保育園・幼稚園はそうはいきません。

 

「子どもの健やかな成長に貢献」

「周囲の友達・大人と対人関係を築く」

 

など、定性的目標が園の方針となっており、定量的目標はほぼないのではないでしょうか。

 

(保育士は本来女性の職業だったからという歴史的背景もあるとは思いますが、)だからこそ、保育士の専門性が社会では認知されにくいのです。

 

 

そもそも「保育士の専門性とは何か」。

 

てぃ先生も述べていたのですが、それは「子どもを観察し、それに適したアプローチをすること」だと思います。

 

例えば、子どもが廊下を走っていたとします。

 

大半の人は「走らないで!危ないでしょ!」と注意すると思いますが、保育士としてまずやらなければならないことは「どうしてその子どもが走っているのか観察し考察すること」です。

 

私は現在学童保育の指導員をしているのですが、現場で実際に走っている子どもを注意することが度々あります。

 

以前「どうして走っているの?」と子どもに理由を聞くと「先生にこのおもちゃを見て欲しかったから」と答えてくれた子どもがいました。

 

折角私にお気に入りのおもちゃを見せに来てくれたのに「ダメでしょ!」とただ叱るだけでは、この言葉を聞けなかったどころか、子どもを傷つけることになっていたかもしれません。

 

私が「先生はここにいるから、走らなくてもいいんだよ。歩いて見せに来てね」というと首を縦に振ってくれました。

 

ただ闇雲に叱るのではなく、子どもの気持ちを汲み取りながら接していくことこそ保育士の専門性だと思います。

 

自分が実際にやっていて思うのが、これがなかなか難しいということ。

大勢いる子どもを見守らなければならない中で、頻繁に起こる子ども同士の喧嘩に随時対応しなければなりません。

 

こういった側面は園の中で起こっているため、周囲の大人には認知されにくい部分だと思います。

 

この部分をもっとたくさんの人に知ってもらうために、保育士自身がもっと情報を発信していくべきだし、この専門性を維持向上するために行動していかなければならないのでしょうね。

 

 

大学生の寮生活あるある20選

f:id:chihiro-sasaki:20171013220651j:plain

 

 

こんにちは、ササキです。

 

現在大学3年と表記すればいいのか4年と表記すればいいのか微妙なところではあるのですが、大学1〜2年生の間、私は寮生活を送っていました。

 

上京した福岡県出身の大学生が集まる寮で、女子寮と男子寮があります。

また朝食・夕食付き、水周り共同、家賃:5万円、立地:神奈川県

 

 

経済的にはすごく良かったと思うのですが、総じて述べると

 

 

寮生活クッソきつかった〜〜〜!!!

 

 

の一言につきます。

寮生活を4年間送ると就職活動に有利だと囁かれているそうですが、就活に有利になろうがなるまいがオラあんな不自由な生活もうイヤだァ〜って感じです。

 

実家暮らし・一人暮らしの人たちには分かりえない数々の苦労を、寮生活歴2年のササキがまとめてみました。

 

では、どうぞ〜!

 

 

寮生活あるある20選

 

01:門限は11時。

 

寮が神奈川県にあったので、飲み会の際には新宿を21時くらいに出ないと間に合わない計算になる。つまり、飲み会開始10分で抜ける率が高い。コスパが最悪。

 

02:外泊する際は事前連絡・事後証明書必須。

 

大抵飲み会があるときは、友人の家に泊めてもらうことが多々。そういった場合は事前に連絡帳に日時・相手の名前・相手の住所・連絡番号の記入が必要。そして、外泊3日以内に外泊証明書の提出が求められる。あ〜書いててもうだるい。

 

03:外泊の事前連絡の欄に男の名前があると大抵勝ち組。

 

「ア〜、はいはい。そういうことですねェ〜。へえ〜。」となる。

 

04:理解に苦しむ先輩が複数名いる。

 

執拗に後輩いじめに取り組んでらっしゃる先輩が必ずいる。そういう方々は年齢云々人間として尊敬できないので、煽らない・話さない・見かけたら空気のごとく振る舞いましょう。関わって得るものはドブです。

 

05:奇特な会合が存在する。

 

必ずと言っていいほど、同期の中でいくつか会合が発足される。『〇〇する会♡』のようなもの。中学時代に流行っていたであろう『〇〇fam』を連想させる。未だに中学生気分から足を洗えていない人種の集合体。

 

06:寮内では極力人に会いたくない。

 

「休日まで寮の人間に会いたくない」という思いが強かった私は、部屋から出る際に壁に耳を近づけて周囲に人がいないかどうか、足音・話し声を頼りに逐一確認をしていた。

 

07:なんならグループラインも抜けたい。

 

同期のグループラインが機能するとき、それは「授業で使うアンケートに協力してくださ〜い> <」「今週男子寮の人たちと〇〇するよ!来る人いる〜?」という内容。基本的に既読スルー。

 

08:しかし、鍵を忘れて寮に入れないときだけは有効活用する。

 

「誰か〜!!ごめんなさい、鍵開けてくれませんかァァア〜」とここぞとばかりにラインに打ち込む。普段既読無視してごめんね、今度から反応するから気付いてお願い誰か鍵開けてくれえええええ

 

09:女子寮と男子寮の人が二人で一緒に出歩いているのを目撃されたら寮内に風の如く噂が広まる。

 

どうでもいい。

 

10:3ヶ月に1回くらいの割合で男子寮・女子寮合同のイベントがある。

 

今考えると素晴らしくウェ〜イなイベント。片隅で縮こまりながらジュースを飲んでいた記憶しかない。

 

11:そしてそのイベント後、インスタに写真をあげがち。

 

はいはい、もう分かったから。リア充だよね、そうだよね。

思わずリア充代行サービス」をWebで検索し始める。

 

12:月1で全員参加必須の定例会が開催される。

 

「ゴミの捨て方」「低学年の高学年に対する話し方」など注意が入る。1時間かけずして終われそうな内容だが無駄に1時間も取られる。

 

13:目安箱の意見は大抵通らない。

 

「門限を伸ばしてほしい」という寮生全員が抱えている思いは一向に届かない。役員ですら「門限早すぎ。伸ばしたい。」と思っているはずだが、規則という名の概念に乗っ取られ、自ら首を絞める結果となる。

 

14:風呂の入浴時間が決められている。

 

利用時間は6時〜24時までだが、終電ギリギリで24時付近に帰宅するとその日は風呂に入ることすらできない。

 

15:寮で唯一好きだったのは食堂のおじちゃん。

 

大抵ギターを弾いている。運が良いと錆びたギターの弦を取り替えてくれる。しかしまた錆びる。

 

16:楽器の利用は可能だが、音漏れが激しい。

 

自室で弾き語りをすると隣の部屋の住人からラインが飛んでくる。

 

17:同期に東大生がいるとなぜか話のネタに使ってしまう。

 

「私の友達にさァ〜東大生の子いるんだよね?」完璧な虚栄心。

 

18:変にSNSでつながっていると、悪口がバレる。

 

「ササキって何考えてるか分かんなくて怖い〜」と言われていたらしい。私のSNSを見たなら何を考えているか分かるだろうに。

 

19:ご飯が出ない休日、養ってくれる友人が現れる。

 

餓死はしない。これが寮の利点。

 

20:みんな寮を途中で去っていく。

 

お疲れ様でした〜!!!

 

 

 

どうでしたか。

独断と偏見なので、寮めちゃくちゃ好きだった〜ていう人には申し訳ないですが、これが全体的な私の感想です。

 

これから寮に入る人がいればぜひ役立ててくださいね。

 

 

(おわり) 

彼氏ができない女子大生あるある20選

 

f:id:chihiro-sasaki:20171011225707j:plain

 

 

どうも、ササキです。

 

彼氏がいないといえばササキ、ササキといえば彼氏がいない

 

という理論でこの3年間まかり通っているのですが、今回は

 

彼氏ができない女子大生あるある

 

をまとめてみました。

 

画面の前には「彼氏いなくて可哀想(笑)」と冷やかしで見ている人も「私も彼氏できない(深刻レベル)」と本気で困っている人もいることでしょう。

 

冷やかしに来たヤツは帰れ〜〜〜!

 

と言いたいところですが、アクセス数に貢献してくれていると思うので帰らないで読んでいって下さい。

 

そして今もなお彼氏ができなくて悩んでいる人の思いを代弁して「あるある」にしてみました。

 

では、どうぞ!

 

 

彼氏ができない女子大生あるある

 

 

01:女子校あがり

 

「彼氏なんでいないの?」という質問には「女子校6年間だったので男性に慣れてないんですよね〜」と返答しがちだが、その裏で彼氏をバンバン作っているヤツがいるのも事実である

 

02:女子校におけるスクールカーストではクシャトリヤレベル

 

ネタ要員として重宝されていたため、スクールカーストはそんなに低くなかったと自己認知している節があるが実態は不明

 

03:シラフの状態で比較的ネタを振られる

 

ギブアンドギブの精神で場の盛り上がりに努めようとする。投げられた球は打ち返す、いわゆるスイッチヒッター

 

04:ネタに対応可=酒の対応可ではない

 

ネタに対応できるため、酒を進められることもしばしばあるが、高確率でそんなに強くはない。しかし、シラフでネタ対応ができるため、運良く見逃してくれる場合もある。

 

05:彼氏はできないが案外2人で遊ぶところまではこぎつける

 

ディズニーシーに好きな人と一緒に行って後日もれなくフラれた話、しましたっけ?

 

06:自分語りをしがち

 

相手の話より自分の話を聞いてほしい欲が強く、もはやオナニートークの領域。

 

07:「女子力を上げろ」と周囲から言われる

 

「女子力」?「媚力」の間違いじゃありません?合コンで態度が豹変するヤツに限ってこの言葉を発する傾向あり

 

08:「すぐ結婚はしそう」と周囲から言われる

 

現状に救いようがないようで、未来に希望を託されがち

 

09:独り身で集まる

 

論題は通常「どうして彼氏ができないのか」の一点。結論が出ないまま話は収束し「頑張ろうな…」と去り際に言葉を交わして終了する。なお生産性はない

 

10:「好き」という感情が哲学の領域

 

「好きとは一体どういう感情なのか」と度々議論になる。自分が一番可愛い人間に、自分よりも可愛い人間ができる。それは一体どんな感情なのだろうか。

 

11:「価値観が合う人がいいな」と言いながら入りは顔

 

こういうことを話すと「お前ブスのくせに態度がでけえんだよ」と男性諸君に怒られるが、そういうことを言う人間ほど顔で女を選んでいることを私は知っている。

 

12:自分はそんなに事故物件ではないと思っている

 

ブスではないが可愛くはない、見られなくはない程度の容姿。性格はちょっと素直すぎるだけだと思っているが、客観視するとただ単に愚痴が多い人種。

 

13:インターネットで「彼氏できない」と検索する

 

「自暴自棄にならないで。きっと良い人が見つかるはずです。」そう回答してくれるインターネットが唯一の優しい空間。

 

14:ひとりの時間が好き

 

休日の趣味は「お散歩」。

 

15:合コンに行くが罪悪感で死にそうになる

 

合計2回ほど合コンとやらに参加した経験を保持する。男性が多くお金を払うことに関して引け目を感じた。同じ金額払うのでブスでもその場に存在する権利だけは与えて。

 

16:ので、引き立て役に回る

 

気付いたら唐揚げについてるくし切りのレモンを口にぶち込まれていました。

 

17:そして、失敗する

 

絶対合コンには行かねえと決意する。

 

18:相席屋に興味を持ちだす

 

合コンに失敗したにも関わらず、合コンの下位互換のような相席屋に興味を示すものの、まだ足を運んだことはない。

 

19:寝る前に占いをする

 

「恋愛」が自分にはもう手の施しようがない不条理だと捉え始め、占いに賭ける。しかしまだ課金はしたことがない。

 

20:彼氏いない歴=年齢の女子高生><」と発する少女漫画の主人公は全員敵

 

「安心しろ、お前がこの紙面上にいることこそ彼氏ができると言うフラグだから」と声をかけたのち、その漫画を読むことなくブックオフへ売り飛ばす。

 

 

 

以上です。

お付き合いいただきどうもありがとうございました。

 

あ〜早く彼氏でも何でもできねえかな〜。

 

 

(おわり)

新宿でシーシャ(水タバコ)やるならシーシャカフェNORTH VILLAGE

 

 

どうも、別に喫煙者でもなんでもないササキです。

一度酔っ払った時に一本吸ったと見せかけて口に煙入れたことはあったのですが、今回はシーシャやってみた〜い!と思ったので友人を連れて行って参りました。

 

場所は新宿

まあ大抵のものは新宿に行けばあるので、何かあれば眠らない街・新宿に足を運びます。定期です。

 

 

 

そんなシーシャ初心者の私が友人からオススメしてもらったのはここ、

 

▼シーシャカフェ NORTH VILLAGE

www.shisha-shibuya.com

 

住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目23-4黒澤ビル4階
電話番号:03-6380-0447
営業時間:14:00 〜 5:00(年中無休) 

 

 

「どんな感じのとこ?」と聞くと「え〜、まあチルって感じ」と返されたのでリテラリーチルって感じなのでしょう。

 

やはりバイトと授業で殺伐としている私たちの日常に一定のチルとやらは必要だと思うんですよね。

 

私の友人に口癖が「死にたい」っていうメンヘラがいるんですが、「なんでそんな死ににたいと口にするのか」と尋ねると

 

『死にたい』ってまあ英語で言うところのYEAHだから本当はそんな死にたくないよ♡」

 

と言われました。なんだそのメンヘラチックなおかしな概念。

絶対死にたいとYEAHは同格じゃねえからな。

 

と、まあ日常にチルがないと彼女のごとく殺伐としてしまいそうなので、適度に煙を入れていこうと考えた次第です。

 

 

 

 

早速ビル内に入っている風俗店を気まずい雰囲気で通り過ぎるとOPENの文字を発見。

f:id:chihiro-sasaki:20171009175628j:plain

 

店内の入り口付近はこんな感じ。

フレーバーが所狭しと並んでいます。

f:id:chihiro-sasaki:20171009180546j:plain

 

 

 

席につき、飲み物とシーシャをオーダーします。

 

f:id:chihiro-sasaki:20171009180733j:plain

 

「初めてなので吸いやすいのがいいんですけど…」と店員さんに伝えると快くオススメなものを教えてくださいました。イケメンウェイでした。

 

どうやらあのイケメンウェイ、店長だったようで、ホームページのコメントにこんなことを書かれています。

 

新宿店ではプロジェクターで大迫力の映像と音楽、座っただけで運気が上がりそうな手のソファーなどなどお楽しみ頂けます!

 

フレーバーも小瓶でぎっしりカウンターに並べてあるので、見て嗅いでお選び頂けます。


ダイエット中だけど甘いスイーツが食べたいそこのあなた!元パティシエの僕がお菓子を煙に変えてご提案します!

 

運気が上がりそうな手のソファー

そんな代物があの店内に存在したらしいのですが、なんせ予習せずに臨んだため、存在を確認できませんでした。

 

お菓子を煙に変えてご提案

初めて耳にしたわそんな表現。しかもあの店長元パティシエだったのか〜!通りでイケメンだったのか〜!

 

 

 

 

そんな店長がオススメしてくれたシーシャが来たので、早速吸ってみることにします。

ちなみに甘〜い香りのするベリー系統のシーシャです。

f:id:chihiro-sasaki:20171009203536j:plain

 

スッ

f:id:chihiro-sasaki:20171009203604j:plain

 

ヒョロへ〜

f:id:chihiro-sasaki:20171009203554j:plain

 

ぜんっぜん煙出ねえ〜〜〜!!!

 

自分には煙を出しているように見えていたんですが、写真にすると煙皆無。

まるでシーシャを吸わずして口笛を吹く新宿の女になっています。

 

 

再度試してみたのですが

f:id:chihiro-sasaki:20171009204104j:plain

 

ゲロ吐きそうなくらい噎せました。

 

 

何度か噎せながらも試行錯誤していると、先ほどとは違う店員さんがやって来て「煙出るように調整してあげるよ」とのこと。

 

めちゃくちゃ有難い〜!

これで私も煙で顔面を隠せるほど最強のシーシャ吸いになれる・・・!

 

そんな私の歓喜とは裏腹にこの店員さんは「岐阜に出るツチノコについてひたすら語られていました。どうやら懸賞金がかけられているそうで、ロマンがあるそうです。

 

 

 

ツチノコよりまずはシーシャで成果を出させてください。

ということで、私の努力の結果がこちら。

 

www.youtube.com

 

なぜか逆再生ですが、一応煙をこれでもかというくらい惜しげも無く出すことができました。

 

今度は肺をもっと鍛えてから出直したい所存です。

よろしくお願いします。

 

 

 

めちゃくちゃ楽しい北海道旅行記③〜支笏湖編〜

 

 

どうも、ササキです。

北海道旅行から2週間ばかしが経過しましたが、未だに記事を書き終えていなかったので良い加減書き終えたいと思います。

 

過去の北海道旅行記事はこちら。

 

 

▼1日目の小樽編。

www.sasaki-chi.com

 

▼2日目の美瑛編。

www.sasaki-chi.com

 

 

今回は3日目の支笏湖・登別編です。

 

朝早く起床し(といっても7時)、ゲストハウスのすぐ側に横たわる広大な支笏湖へお散歩に行きました。

 

 

これが「朝」かという、今まで繰り返してきた「朝」は一体なんだったんだと思わせるような清々しい「朝」でした。

f:id:chihiro-sasaki:20171009111224j:plain

 

そんな広大な支笏湖に魅せられたのか「自然に囲まれて生きたい」と語る背中となぜかペットボトルの蓋の上に顎をのせる岡村くん。

f:id:chihiro-sasaki:20171009111227j:plain

 

せっかくなので、支笏湖を前に昨日ミスドで購入したドーナツを食します。

砂糖と小麦粉の味、そして支笏湖効果でどことなく旨味が合わさった味がしました。

f:id:chihiro-sasaki:20171009111233j:plain※この写真を前にご飯を食べると、自然と支笏湖の前でご飯を食べている気持ちになれます。



私たちは支笏湖の朝を堪能したにも関わらず、今度は支笏湖の中にまで入りたいという欲求が出てきました。

 

このまま支笏湖の中に飛び込んでも良いのですが、なんと支笏湖の最大水深は360メートル。下手をすると、生涯を支笏湖で終えることになります。

 

「どうすべきか」と私たちの間にはりつめる緊迫。

それを打ち消すように、この旅唯一の運転手は私たちに車に乗るよう促し、ワイルドスピードのごとく車を急発進させたのです。

 

f:id:chihiro-sasaki:20171009113408j:plain

 

 

 

「きのこ王国の巨大な恐竜の前に行く」

 

 

彼は一言そう発しました。

 

 

・・・おいおい、一体何を言っているんだ。

 

支笏湖」と「きのこ王国」ひいては「巨大な恐竜」に一体なんの関連性があると言うのでしょう。

 

私たち一同は唖然とし、車を急発進させる彼に恐怖心を抱きました。

運転免許すら持っていない2名とペーパードライバー1名があまりにも非協力的だったため、車の運転しすぎでとうとう頭がイってしまったに違いありません。

 

「この旅はもう終わった・・・」

 

そう誰しもが思った時でした。

「きのこ王国」に到着すると、なんとそこには

 

 

f:id:chihiro-sasaki:20171009114043j:plain

 

支笏湖カヤックができるという場所があったのです。

 

 

▼大滝アウトドアアドベンチャーズ

ooa-guide.com

 

一瞬ヒヤッとしたものの、こんな支笏湖に入りたい欲望を満たしてくれるアウトドアスポーツができると思うとワクワクの嵐です。

 

ガイドさんから少し指導を受けた後、早速カヤック支笏湖に入ります。

f:id:chihiro-sasaki:20171009114846j:plain

※後ろの青いヤツ(岡村)、全く漕がない。

 

「水が綺麗すぎる」とはしゃぎながら漕いで漕いで漕ぎまくります。

本当に水が澄んでいて綺麗なのです。自然を楽しむ心、ここに在り。

f:id:chihiro-sasaki:20171009114718j:plain

 

 

「あ〜カヤックサークルにでも入りたい人生だった〜!」

f:id:chihiro-sasaki:20171009114938j:plain

※ちょっと珍しくウェイ感がある。

 

 

そして途中岸におり立ち、

f:id:chihiro-sasaki:20171009115552j:plain

※あたかも一人一台漕いできました感が尋常ではない。

お茶とパウンドケーキをいただきました。

支笏湖を眺めながらの麦茶とパウンドケーキは別格。

f:id:chihiro-sasaki:20171009115659j:plain

 

 

 

 

 

そんなこんなで、支笏湖カヤックを存分に楽しんだ私たちですが、手足が筋肉痛で痛み始めたため、登別に向かうことにしました。

 

登別と言ったら

 

f:id:chihiro-sasaki:20171009120834j:plain

 

登別地獄谷。

 

硫黄の匂いと中国人観光客の数が尋常ではない登別地獄谷。

またディズニーのセンターオブジアース的なスポットを見つけてしまいました。

 

少し奥まで足を運ぶと、

f:id:chihiro-sasaki:20171009121202j:plain

 

温泉が湧き出てる〜!!

 

けどくっさい。どんどん鼻が機能しなくなっていく・・・。

 

 

また登別地獄谷の反対側には、大湯沼川天然足湯というものも存在します。

f:id:chihiro-sasaki:20171009121714j:plain

 

足があったまると、身体までポカポカしてきました。そして急激に眠くなります。

足元にある泥を踏みつけるとグニャグニャしていてこれもまた気持ちが良い。

f:id:chihiro-sasaki:20171009121832j:plain

 

 

足湯でカヤックの疲れを癒し、登別温泉滝本館でも再度癒します。

とことん自分たちに甘い旅行です。

 

温泉の種類が多く、1時間じゃ回りきれませんでした。

北海道旅行で1番オススメの温泉です!

www.takimotokan.co.jp

 

温泉での写真がないため、サービスショットを楽しみにしてくれていた方々(架空)には申し訳ない限りです。おっぱいだけは取り柄なので。

 

 

では北海道旅行記④に続きます。

 

 

<つづく。>

ジモコロ「ジモト」写真展に行ってきた。

 

どうも、深爪が激しいササキです。

 

幼馴染からポークピッツと称される指を持つ私ではありますが、長年愛用するものに対して自然と愛着が湧くように、この指にも愛着が湧き始めました。

 

だから何だよってね。

お前の指事情とかどうでもいいわっていうか指事情ってなに?

 

 

f:id:chihiro-sasaki:20171006225947j:plain

 

 

 

 

そんな私は先週のことではありますが、どこでも地元メディア『ジモコロ』フリーペーパー『鶴と亀』がコラボした写真展「ジモト」に言って参りました。

 

f:id:chihiro-sasaki:20171006225742j:plain

 

新宿御苑近くの、アイデム フォトギャラリー シリウスで開催されていました。

入場料は無料というコスパの良さ(もはやコストはかからない)。

 

コーヒーの飲みすぎで手が痙攣している最中だったため、右手が疼いて展示物を破壊してしまわないか不安だったのですが、事も無げに中へ入りました。

 

f:id:chihiro-sasaki:20171006225736j:plain

 

運よく周囲には誰もいなかったので、私の右手の疼きに感づかれることはありませんでした。「これで心置きなく鑑賞できる」と私は心底ホッとしたのであります。

 

写真展を見回しての初感は「じいさんばあさん祭り」、この一言につきました。

 

「地元で活躍するイケメンの写真でもあればいい」という下心があった私としては、恋愛対象年齢の急激な上昇についていけなくなってしまったので、ごく普通に写真を鑑賞する気持ちで臨むことにしました。

 

f:id:chihiro-sasaki:20171006225735j:plain

 

しかし、そこはジモコロ。

 

f:id:chihiro-sasaki:20171006225733j:plain

 

おっと?

 

またしても急激に「普通」という価値観をぶち壊してきます。

多分、そこは通常足をかけるところではないと思うのです。

 

 

f:id:chihiro-sasaki:20171006225740j:plain

 

こちらのおじいさんは、ファンキー。

 

一狩り行かれそうな雰囲気です。

傘だけで応戦しようとするその勇姿、只者ではないとしかと受け取りました。

 

 

f:id:chihiro-sasaki:20171006225730j:plain


耳毛の自己主張が激しい。

 

白髪に黒色の耳毛。

耳毛に髪の養分を吸い取られているのではないかと疑うほど、根強く生えた耳毛です。

 

 

f:id:chihiro-sasaki:20171006233038j:plain

 

絶対この金歯、孫に見せがち。

 

私の祖母も入れ歯を使っていますが、よく孫に見せがちです。

孫も孫で「入れ歯」という非現実的なものに魅力を感じているのでしょう。

 

 

 

 

他にもまだまだたくさん写真があったのですが、右手が疼いてきたので写真はここまで。

 

私がこれらの写真を通して思ったのは、彼らはただの「じいさんばあさん」と評価するにはあまりにもファンキーでチャーミング、だということ。

 

高齢者」という言葉を耳にすると、「介護」「老人ホーム」「虐待」「少子高齢化などネガティブなワードを連想してしまいがちです。

 

実際、私も高齢者に金を割くなら未来を託す子どもに回せ!!」というタイプの極端な人間なので、あまり良い印象はありません。

 

でも、この写真を見て、自分が将来なり得ないであろう子どもに対しては自分事のように考えられていたのに、自分が将来なり得るであろう高齢者に対しては他人事のように考えていた節があったと気付かされました。

 

そして、もし自分が高齢者になったとき、こんなファンキーでチャーミングに生きられているのだろうか?とも思います。

 

自分が知らないだけで、力強く生きている人たちがいるのも事実で、そこに目を向けていなかったのは落ち度だったなあ〜。

 

 

気づきが得られた「ジモト」写真展でした。

みんなも行ってみてねと言おうとしてもすでに終わってるのでちょっと残念ですね。

 

 

「〇〇+い」にすれば何でも流行語っぽくなる。

 

f:id:chihiro-sasaki:20171005152247p:plain

 

こんにちは、上顎を火傷しているササキです。

 

 

「エモい」

 

 

この「エモい」という語は、みなさんが普段利用している、または耳にしたことがあるアドジェクティブ、つまり形容詞だと思います。

 

日本語俗語辞書によると

 

エモいとは、心に強いインパクトを与えるさま。涙もろいさま、なんとなく寂しい・悲しい気持ち。

 

と定義されているようです。

 

私は一般的に「エモい」という単語は使わず、何でもかんでも「すごい」という単語を使う傾向にあるため、これを機にボキャブラリーの増築を図りたいと思いました。

 

しかし、ひとえにボキャブラリーを増やすといっても、何をどうすればいいのか皆目見当もつきません。

 

「本を読めばいいじゃないか」

 

そう画面の前の皆さんはそう思ったでしょう。

 

しかし、言語の発達が著しい昨今、私たちはただ単に外部のリソースから言葉を吸収しているだけでは時代に追いつけないと思うのです。

 

逆に、「やれやれ、やっと時代が追いついたか…」と言えるくらいの立場にならなくてはいけない。

 

 

そう考えた私は、現代の流行語のフレームワークに則り、新たな語を作成することにしました。

 

目次

 

 

①現代語のフレームワーク

 

 

まず、「キモい」「ウザい」など普段からよく使われる語は

 

「気持ち悪い」=「キモい」

「うざったい」=「ウザい」

 

といったように、形容詞を短縮した形であることが伺えます。

 

しかし、最近では「エモい」など

 

「emotion(エモーション)」+「い」=「エモい」

 

といったように、名詞に接尾語「い」をつけて形容詞化する方法もあるようです。

 

 

②元になる語を選択し、作成に取り掛かる

 

 

では、上記のフレームワークに則り、早速新単語を作成していきましょう。

 

まず、「気持ち悪い」「うざったい」などのように元になる語を探さなければなりません。

 

こういった現代語は、日常生活及びSNSで使用されることにより、普及していくため、いかに日常生活及びSNSで使いやすいか、を考えて選定していく必要があるでしょう。

 

 

 

 

例えば、SNSをいじっている際に、突如として現れる「今月のデータ量を超えました」という表示に対してみなさんはどう感じますか?

 

これはきっと「悲しい」でもなければ「うざったい」でもない、「ついにきたか」といった、まるで8月の電気代が冷房の使いすぎで跳ね上がってしまった時のような表現しがたい感情だと思うのです。

 

自分が多用していたことは理解していたにも関わらず、いざその結果を目の前にすると怯んでしまう、そういった感情。

 

毎月1回は必ず訪れるであろうこの悲劇に対して、それを表現する術がないというのはあまりにも残酷ではありませんか。

 

きっと「今月のデータ量を超えました」という通知が来た際に使える新たな語として創作しておけば、きっと誰かが毎月1回は使用してくれるはず。

 

 

そう考えた私は、「エモい」のフレームワークに則り、この語を考えました。

 

 

 

 

「Over GB(オーバーギガバイト)」+「い」=「ギガい」

 

 

 

 

「ギガい」、一応それっぽく収まった感じではありますが、どうしても一番の肝とされる「Over」を活用できていないように思われます。

 

「ギガい」の前に「超」をつけることにより「超ギガい」とすれば「超越したGB」ということで「今月のデータ量を超えました」を表現できるのかもしれません。

 

しかし、既存のものを使いたくないという不屈の精神があるため、ここでは「Over」の「お」をそのまま「ギガい」に取り付け、「おギガい」ということにしておきます。

 

 

③「おギガい」の使用方法

 

 

早速新しい言葉「おギガい」を作成したので、その使い方も記述しておきましょう。

 

 

<例>

 

A「今日は井上涼さんの動画を見よう!」

 

 

youtu.be

※「ぜんぶマシになーあれ 」:神様のセンスがないために、私はこんなについていないのだという悲痛な訴えをコミカルに表現した作品。

 

 

youtu.be

※「YADOKARI 」:極力働かずに家にこもりたいという悲痛な訴えの対処法を「YADOKARI」に見出した作品。

 

ピロンッ「今月のデータ量を超えました。」

 

A「おギガい!(意:ああ、データ量超えちゃった!)」

 

 

 

 

ちなみに、これらの動画はパラレルワールドに在住の魚ちゃんという人間からオススメされたもの。

 

▼魚ちゃんに関する記事

www.sasaki-chi.com

 

大学4年生の魚ちゃんはこういった動画を眺め続けているため(闇は深い)、データ量を人よりも超えやすい傾向にあります。

 

データ量を超えやすい彼女にこの「おギガい」という言葉を特に捧げます。

 

 

④新しい言葉づくりのまとめ

 

 

フレームワークに沿えば(沿わずとも)、たくさんの新しい言葉を作成することができます。

 

しかし、大切なのはその作成した後の話でしょう。

 

使われない言葉は言葉ではなくなる可能性が高いため、どうやってその言葉を普及及び存続させるのか、考えなくてはなりません。

 

現段階では、「おギガい」はパラレルワールドに譲渡する予定であるため、この現実世界からは払拭されますが、またどこかで新たな言葉を作成できれば幸いです。

 

 

私の上顎は未だに火傷したままでした。